2013年1月28日月曜日

Hopetech, イギリス製じゃない製品を発表

wide open の記事から
Core Bike Showにて、イギリスのHOPE TECHNOLOGYがハンドルバーを発表!ただ、これはイギリス製ではなくアジア製とのこと。Hopeといえば、ロゴに"MADE IN UK"を誇らしげに入れているメーカーだが、今後は少し変わっていくのかな?デザインは...カーボンっぽい、なんともその、いや、つまり、アレなんだが、素材は7050アルミ合金、800mm でライズは10mm/20mm/30mm、10mm版で290g 。

発表された製品のリストはこちら

Reynolds 853/631 は「クロモリ」じゃない、みたいな

もう「クロモリ」なんて呼ばないで
Q&Aに既に書いたとおり、Reynolds 853 と 631 は、製品の説明(853/631)で「クロモリ」という単語を使っていない。一方、日本のフレーム紹介では、「レイノルズ 853 クロモリ」なんていう説明をよく見かける。「853はクロモリじゃねえよアホ」なんて書いて喧嘩になっているの海外のフォーラムもある(議論のできない人間はどの国にも存在し、日本人の特権ではない)。このままではすっきりしないので、いつものように直接聞いてみた。

結果、やはり製造元としては、853/631を「クロモリ」とは呼んで欲しくないそうだ。Reynoldsでは、「SAE4130」の仕様に沿って製造した757と525・520がクロモリ、853と631はそれとは異なり、素材それ自体および溶接部分が自硬性により強度を増す鉄合金、と分類しているとのこと。

要は、そんじょそこらの鉄合金とは違うんだ、それを十把一絡げに「クロモリ」なんていいやがったら張り倒すぞ、このすっとこどっこいのべらぼうめ、ということである、いや、ない。

でも、"The chemistry includes carbon, manganese, chrome, molybdenum, silicon, copper." と書いてあるけど...。これも気になったので、853/631に「クロモリ」みたいな呼び方はないのか確認してみると"air-hardening"(「空気焼入れ」)との回答。原材料を元にした呼称は考えていなかったらしい。

ただ、「空気焼入れ」というのも正式な分類ではなく、853/631がクロームとモリブデン以外にも色々(企業秘密な)物質から構成されている合金なので、「クロモリ」みたいな感じには呼べないから、まあ、そんな感じ、てな説明を付けてくれた(表現の一部を脚色)。


ともかく、製造元の見解は分かったので、「空気焼入れ」は面倒くさいし落ち着かないから、私はこれからもReynolds 853/631は「鉄」と呼ぶようにしようと思う。


余談だが、自転車部品に使用される金属の大半は合金で、純鉄や純チタン・純アルミなどはほとんどない。しかし、英語圏のサイトを眺めていると、alloy はアルミ合金、brass は真鍮というように、混合気体と空気、自動車とミゼット、みたいな妙ちくりんな表記が通例となっている。

2013年1月22日火曜日

GoPro の搭載位置についてちょっと考えてみた

最近3が出たGoPro、標準オプションでいろいろなマウンタがあり、他社との一番の違いはチェストマウントである。クルトさんのように自力でマウントアダプタを作れば、GC-XA1 をGoProのチェストマウントに取り付けることもできるが、無加工でやろうとすると、やはりGoProを買うことになる。

ネットで見かけるいろいろなマウント方法のうち、一番安定して鑑賞できる映像が撮れるのがヘルメットマウント。ただし、純正のマウントはジョイントが多すぎ、アームが長すぎるので却下。

頭頂部に接地すると木の枝等にぶつける危険あり
代わりに使用するのが「Grab Bag of Mounts」。突き出しの長いマウントと粘着材付きのベースマウントしか使わないし、値段がヘルメットマウントの2倍くらいするが、無駄なジョイントがなく、揺れが減らせる。下方向への角度変更範囲がヘルメットマウントより大きい点も良い。もちろん、GoProマウントのお約束で、マウント自体から発生する雑音を防ぐためには各部に詰め物が必要。

次点がチェストマウント。角度調整がちょっと面倒だが、ヘルメットマウントより地面に近づくためスピード感が出る。ハンドルバー周辺に限られるが、自分も一緒に撮影できるという利点もある。ただし、バックパックのチェストストラップ等、カメラ周辺の干渉物には要注意。ちょっとしたことで映像には盛大にノイズが乗るのでここは注意したい。また、ケツを引きすぎるとサドルにカメラがブチ当たり、場合によっては角度が変わってしまうことも。

一番ゲロを履きそうになるのがハンドルバーマウント。ロードバイクならまだしも、不整地を走るMTBでハンドルバーマウントだけはやめた方がいい。設置場所がステムキャップであっても同じ。ハンドルバーの細かい動きに視点を合わせるなんて無理。動画編集ソフトのIS機能を使っても、ここまで大きく映像が振れると修正しきれない。私などはスターツアーズで酔っちゃうくらいなので、どんなにうまい人の映像でも、ハンドルバーマウントで撮影したものだけは御免被りたい。

同じような位置なら、ヘッドチューブなどどうだろうか?純正のマウントがなく、また、ブレーキホースやシフトケーブルが邪魔くさいが、工夫すれば何とかなるのでは。もっとも、MTB本体に固定すると振動音を拾うのでBGM必須な感じになってしまうが。

2013年1月12日土曜日

久々に Slackline 集合

ナタジゴさんの「おしゃれ3号」新リアホイール
ナタジゴさんからお誘いを受け、骨折後、ツアー以外では初めての山。前日は相変わらず仕事を23時頃までやってたので、睡眠時間2時間半ほどだったが、とにかく頑張って起きた。平日は寝床でぐずぐずしているわけだが、こういう日は眠気に対して精神力が連勝中。

最寄りの駅に着くと、とにかく寒い!厠に入り、小汚い便座に腰掛けようとするが、冷たくてどうにもならない。諦めてチリ紙を敷いて何とか事なきを得る。


駅まで迎えに来て下さったナタジゴさん、なんと昨夜からお風邪を召されたそうで、本当は車を運転するのもつらいくらいだったが、誘った以上は決行するという九州男児の鏡のような意気込みである。

今日もナタジゴさんとヨシ様と私の3人でゆるめに走った。

前回はマサ隊長にご案内いただき、かなりいい感じで走れたが、今日は路面が乾燥しまくり、さらに落ち葉で状況がよく分からない場所が多かった。そういった条件と、骨折以来の臆病が完治していないこともあり、始めから終わりまで緊張し通し。通勤仕様のまま突入したせいもあるが、「転ぶ転ぶ!」とひやひやしながらで、まだまだ思い切りが足りない。2本目はそれなりにいい感じで走れたので、徐々に元通りになることを期待。



それにしても、ナタジゴさん、体調は大丈夫かな...。

2013年1月9日水曜日

「チャレンジ650B」はいったん取りやめ

ちろさんママパパ、それ以外にもあちこちでホイール規格の違いについて興味深い記事が続いている。少ない資金でホイールの大径化をするなら、とりあえずフロントだけ650Bにするという手がある。この場合、フォークは 26インチ用なので、あまりボリュームの大きなタイヤは使用できない。逆に言えば、26インチで使用できる最大ボリュームのタイヤ相当までは何とかなるということだ。

26インチフォークに26インチホイールと高エアボリュームのタイヤを使用した例
650B リムを Mavic が出したら迷わずいってしまおう、と公言してしまったのだが、いや、ちょっと待て。

フォークが 26インチ用なので、使用できるホイール+タイヤの最大径は同じ。接地面積も同じである。同じ外径の場合、650Bにすると、ホイールの割合が大きくなる分、全体に占めるタイヤの割合が小さくなる。つまり、径の大きい650Bホイールの方がエアボリュームが小さくなり、乗り心地は悪化するのでは?さらに、同じ設計の場合、ホイール自体の強度は26インチの方が高いはず。となると、650Bを26インチフォークで使う意味はあるのか?

ホイールを選べない、タイヤも選べない、値段が高い、強度が下がる、だけど重量は増える、エアボリュームは減る、26インチフレームで無理に使うと設計に合わない、などなど、良いことひとつもなし。

26インチフォークのまま650Bのホイールを使用してもすべてが悪くなるだけ、という結論となった。残念ながら、今の(そしてそのうち入ってくる)26インチフレームが完全にイカレてしまうまでは、新たな挑戦はお預けになりそう。

フォークを買えばいい?その選択肢は...たぶんない、はず(いや待て、2014年版の FLOAT では 150mm以下も 650B 対応になる予想があるし、それならひょっとしたら...)。

Disk Read Error

世間では、Aaron Gwin がスペシャライズドに移籍なんて騒いでいるけど、こんな面白い奴がいたなんて知らなかった。ディスク壊れた、パソコン起動しない、なんてときのがっかり感あふれる旋律。

2013年1月5日土曜日

BL-M988とBL-M985について

下手乗りで転倒し、レバーが傷物になったBL-M988
発売とほぼ同時に購入してから使い続けているBL-M988、その制動力には十分満足している(写真は以前の投稿から使い回し)。先日の走り初めでBL-M985を触らせてもらったところ、サーボウェーブの引っかかり/抵抗がなく、レバーを引く力も少なくて済むような感触だった。

シマノはサーボウェーブを推しているようだが、Avid Elixir なんかから乗り換えるには向いていない印象だ。サーボウェーブがないM985は、レバーを引いた分だけリニアにピストンが動き、ブレーキのきき具合が比較的分かりやすい。雑誌やネットで書かれていたことをようやく実感することができた。

私は形と色で選んだのであるが、山ではサーボウェーブがない方が使いやすそうである。夜中にコンクリ上でやるコソ練で前輪をロックしたい場面でも、私ごときの技術では、M988とM985の制動力差はほとんど影響しなさそうだし。

サーボウェーブの独特なタッチが嫌いな人、他社のブレーキから乗り換えたい人、普通にブレーキングしたい人、そういった人には BL-M985 がお勧めである。

Slackline Ti on Dirt 100 2013

Dirt 100 2013 の記事によると、製品版のRDハンガーは交換式だそうです。溶接の写真があったのでちょっとがっかりしたけど、これで安心。

紙媒体では、Slackline Ti が Dirt 100 2013 に掲載されていることを知っていたが、日本では入手困難なので、毎年Webで公開されるのを待っていたところ、ちろさんの記事リンクからたまたま見つけた。

2013年1月4日金曜日

山へ持って行く小型一眼カメラが欲しい

暗めの室内で三脚使用、マニュアルフォーカス、絞り以外は自動
一眼カメラを買うまでは、画素が多すぎるし高いしそんなものいらねえや、と思っていたが、使ってみると撮影した写真の質が違いすぎてびっくり。ただ、コンデジ(Powershot A610)が8年前に購入したものであり、場合によってはスマートフォンにも負けるくらいなので当然かも知れないが。

Canon Powershot A610、購入してから今まで故障は一度もなし、大変な品質で長持ち(ちなみに中国製)。大して軽くもないけどバリアングルでいろんな角度で撮影でき、ニッケル水素電池4本で充電は年1回程度(撮影枚数は800枚くらい)。
もうちょっと違う画角が欲しい、もうすこし背景をぼかしたい、しかし、Nikon D90 と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO HSM、この組み合わせは、山に持って行くにはでかいし重い。転んだらたぶん壊れる。

いま検討しているのは Sony NEX-6L。画像素子がAPS-Cなので、D90と同じ、キットレンズとの組み合わせで約461g 、今使っているレンズ単体(約450g)と同じくらいの重さだ。もちろん、D90で使ってるシグマのレンズがF2.8通しの大口径レンズなのでこれくらいの重量になるのは当然で、NEX-6L のキットレンズにこの画質を求めるのは無理だろうな。

「山伏トレイルツアー」がNHKで紹介されました

NHK静岡限定で、Slackline #3 号オーナーの「山伏トレイルツアー」が紹介された。放送時間は8分を超え、松崎町を扱ったここ1年の放送では最長だったのでは。

新春インタビューの第1回目、「伊豆を走れ!1人で始めた古道再生」と題され、松崎町の古道再生への取り組みが丁寧かつ適切に説明され、さすがNHKという質の高い内容だったそうである。番組の最後で、「山伏トレイルツアー」のツアー内容と連絡先も字幕付きで放送され、直後から放送を見た地元のご老人方から次々と。

全国のNHKでも放送されるように、皆さんで要望を出しましょう!

2013年1月3日木曜日

フランス人、Slackline購入

FBで知り合ったフランス人が Slackline 853 を購入、本日完成。彼によると、私の Slackline 853を見て Stanton Bikes を知り、どうしても欲しくなってしまったそうだ(本写真はFBに彼が投稿したもので、彼の許可を得てここに公開)。なんともいい雰囲気のMTBだ。

ブレーキマウントはISなのかどうかとか、Dan に聞けば良いことをわざわざ私に聞いてきたりちょっと不思議だったが、お互い英語母語話者ではないということで気が楽だったのかも知れない。

彼は、最初のうちは「機械翻訳した英語がへんてこですまん」などと言っていたが、私の方こそひどいもんで、Dan に鼻で笑われるような不自然な単語選択やイカレ文法で書きまくっているからお互い様。彼は日本語使えないし、私はフランス語全く分からんので、重要な部分が通じりゃいいんだ。まあ、気にしないで行こうぜ、みたいなことを伝えてからは、お互い妙ちくりん英語でよろしくメッセージをやりとりしている。

黒の Slackline 853 を日本で見る機会はないが、これもなかなか良い感じだ。特に、多くの色を使いすぎていない彼のパーツ構成には深く共感できる。配色に対する趣味が彼と私で近いのかな?彩度のある色を3色以上使用しない、というだけで、外観は割とまとまった印象になる(気がする)。
所詮泥だらけで傷だらけになるMTBであるが、ワックスで磨いてみたり、こういうところを気にしてみたりするのも悪くない、と思う。

2013年1月1日火曜日

2013年もSlacklineで

原寸大の画像だと塗装補修の下手さ加減が目立つのでこれくらいで。

フリーにグリスを入れ、タイヤの空気圧を高めにしたので、MTBにしては走行音がかなり静かになった。そのせいで歩行者になかなか気づいてもらえないが、降車してしまえばよい。

2011年~2012年は怪我や病気があったが、 Slackline 853 によく乗った。楽なフルサスにあえて乗らない、というのではなく、単に乗っていて楽しい方を選んだだけ(あるいはそう思い込んでいるだけか)。今年も太めのタイヤは替えないが、乗り方はもう少し滑らかな感じを目指そう。

私が確認しているだけで、日本国内に 8 台も(?)入っている Slackline 。Stanton Bikes の知名度も少しずつ上がっているようではあるが、代理店がないこともあって雑誌等で取り上げられることは皆無。それがまた良いので、ひっそりやっていきたい。