ラベル 26 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 26 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年1月9日水曜日

「チャレンジ650B」はいったん取りやめ

ちろさんママパパ、それ以外にもあちこちでホイール規格の違いについて興味深い記事が続いている。少ない資金でホイールの大径化をするなら、とりあえずフロントだけ650Bにするという手がある。この場合、フォークは 26インチ用なので、あまりボリュームの大きなタイヤは使用できない。逆に言えば、26インチで使用できる最大ボリュームのタイヤ相当までは何とかなるということだ。

26インチフォークに26インチホイールと高エアボリュームのタイヤを使用した例
650B リムを Mavic が出したら迷わずいってしまおう、と公言してしまったのだが、いや、ちょっと待て。

フォークが 26インチ用なので、使用できるホイール+タイヤの最大径は同じ。接地面積も同じである。同じ外径の場合、650Bにすると、ホイールの割合が大きくなる分、全体に占めるタイヤの割合が小さくなる。つまり、径の大きい650Bホイールの方がエアボリュームが小さくなり、乗り心地は悪化するのでは?さらに、同じ設計の場合、ホイール自体の強度は26インチの方が高いはず。となると、650Bを26インチフォークで使う意味はあるのか?

ホイールを選べない、タイヤも選べない、値段が高い、強度が下がる、だけど重量は増える、エアボリュームは減る、26インチフレームで無理に使うと設計に合わない、などなど、良いことひとつもなし。

26インチフォークのまま650Bのホイールを使用してもすべてが悪くなるだけ、という結論となった。残念ながら、今の(そしてそのうち入ってくる)26インチフレームが完全にイカレてしまうまでは、新たな挑戦はお預けになりそう。

フォークを買えばいい?その選択肢は...たぶんない、はず(いや待て、2014年版の FLOAT では 150mm以下も 650B 対応になる予想があるし、それならひょっとしたら...)。