ラベル Chain Reaction Cycles の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Chain Reaction Cycles の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年2月10日水曜日

Wiggle が CRC を買うとかいう噂

BikeBiz
Dirt MTB
Singletrack

公式出た。
どうやら本当に合併するそうで。2つのサイトも1つにするのかこのまま別々でやってくのかなど、今後のことは未定。

2012年11月17日土曜日

今週の不良品

「連鎖反応な循環」に連絡した事故商品写真
火曜日に、連合王国の連鎖反応な循環からこんなものが届いた。注文したのは新品だったが、梱包を開けてみると、プチプチでくるまれただけの小汚いステムが。以前にもOE品が届いたが、そのときは付属品(ステッカー)が足りないだけで、製品自体には問題がなかった。今回のは輸送中に付いたとは思えない傷があちこちに。
早速、商品の状態写真を確認できるURLを付けて日本語窓口に問い合わせると、なじみのしづこから「インボイスと商品の状態写真を寄越せ」との回答が。いや、だからさっきURL送ったんだからさ、メールをちゃんと読んでよ。

で、「返品または交換しなで使い続けるならGBP15返すけど、どう?」と次のメールにあったので、もちろん返品。馬鹿力のイギリス人が使い込んだかも知れないステム、臆病な私は怖くて使えません。正常な商品がどうなってるか確認したいので、返金させて同じ商品を wiggle へ注文した。まだ届いてないので結果は後日。

箱や台紙が付いてなかったので、これは完成車ばらし(OE)品だろうな。そういうのを新品として売っちゃいかんですよ。冷たい雨が降る中ちょっと離れた郵便局までわざわざ行くのも手間で面倒だし。
来月あたり、"Re-Cycled Parts" に、"Cosmetic Damage" として出品されるかもしれない。

クルトさんに伝えたところ、ここの店は割り切りが大事、とのこと。確かにそうで、急ぎでないとか多少傷があっても間違ったものが届いても使うくらいの意気込みでやれば、商品が多くて結構安いので使えない店ということにはならない。返金・交換対応もしてくれそうだし、今での経験からすると、外国の店としては相当良い部類に入る。


[2012/11/24 追記]
これが正しい「新品」
wiggle から届いた。台紙にタイラップで固定され、半透明のビニール袋に納められている。もちろん、傷ひとつない状態で、これが本当の新品である。

CRC からの返金(購入時価格:BGP54.16+JPY1,800)も確認できた。

商品の分類と実際に届いたものに矛盾がないかどうかで判断し、必要な場合はショップへ連絡をする。使用できる・できないではない。こちらは新品なのに安いと思って買うわけだから、販売側の都合で中古品とすり替えられて黙っているのは負けである。

2011年10月8日土曜日

値引き合戦中

CRCWiggleが値引き合戦中。どちらもカートの合計額からの割引で、割引適用の合計金額も近い。
で、Mavicホイールに限って言えば、今のところbike24が最安。送料無料はやってないが、たとえば、2012 Crossmax SX(送料込み価格) の場合、CRCがGBP569.24、bike24がEUR548.52。日本円で1万円くらいの差になる。
bike24は注文受付状況も履歴もよく分からないので、発送まではどきどきしながら待つばかり。注文によって日本での運送会社がDHLだったり日本郵便だったりするので、トラッキングは発送メールに書いてあるドイツ本国の英語サイトで行う必要がある。DHL配達出ない場合、DHLグローバルやDHL日本ではトラッキングできないので、ちょっとだけ戸惑う。

それにしても、Crossmax SX が6万しないのか。これは...、いや、ホイールばかりたくさんあっても意味ないしなあ...。去年買ったCrostrail はまだまだいけるし。ただ、Crosstrail は、ちょっとヤワで、きしめんスポークがたわみやすく、フロントロックしてリアを上げて方向転換するとパリーンと鳴る。

2011年10月1日土曜日

Stanton Bikes Slackline 853 (6)

 MTBに乗り始めて初めてのパンク。「カキーン」「プシュー」という不愉快な音がしたので、ああやっちまったと、すぐにあきらめた。

せっかくいい感じで下りを楽しんでいたのに。仕方なく現場から2時間弱バイクをだらだら押して下山。空気がひんやりして、まさに初秋の陽気だったのに、非常に残念な結果となってしまった。
まあ、帰路の多摩川土手で、曼珠沙華をたくさん見られたから良しとするかな。天気もまずまずだったし。

多摩は、今日もまだ台風15号による倒木がそのまま残っていて、トレールは完全にふさがれていた。倒木はだいたい50mくらい先まで、数m間隔で続いている。先週は3セット超えてみたが、その次がもうどうしようもなくて断念した。バイクは担げないし、木を越して投げるスペースもない。左右は崖と河原で、崖の方からはいつ崩れてくるか分からない雰囲気満点。
仕方ないので墓場の駐車場裏手に迂回してみると、意外にも面白いシングルトラックがあることが分かった。左が崖で、タイヤ3本分くらいの幅しかないところや、木の根だらけの登り返しなど、練習には最適な裏道である。

左の写真はシングルトラック手前のダブルトラック。ここまでは車で走れるが、関係車両以外は進入禁止。墓場入り口からここまで約30分。気合い入れてバイクの乗ってくればもっと早いんだが、GPSに入れた地図では道が途切れていたため、引き返す事態も考慮してだらだら押し登り(という言い訳)。


ともかく、パンクもあったが今日も楽しいHTライドだった。


あ、そうそう、CRCの10%値引き、Wiggle対抗なのか、またやってる。